FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元素の話し

ある程度英語がわかる人は,元素記号がなぜ英語と語呂が合わないのか不思議に思うはず。

それは,元素が発見される度に科学者が命名していったからです。

多くは,ラテン語かギリシャ語が使われています。

意味がわかれば元素記号も覚えやすいかも・・・

以下20番まで名前の由来を記します。

番号 記号 元素名 英語名 名前の由来
1 H 水素 Hydrogen ギリシャ語の「水を(hydro)生じる(gennao)」
2 He ヘリウム Helium ギリシャ語の「太陽(helios)」
3 Li リチウム Lithium ギリシャ語の「石(lithos)」
4 Be ベリリウム Beryllium 緑柱石(beryl)
5 B ホウ素 Boron アラビアで「白い(bouraq)」
6 C 炭素 Carbon ラテン語の「炭(carbo)」
7 N 窒素 Nitrogen 硝石(nitro)
8 O 酸素 Oxygen ギリシャ語の「酸っぱい(oxys)+生じる(gennao)」
9 F フッ素 Fluorine ラテン語の「流れる(fluo)」
10 Ne ネオン Neon ギリシャ語の「新しい(neon)」
11 Na ナトリウム Sodium ラテン語の「固体(soda)」ドイツ語の「ソーダ石(Natron)」
12 Mg マグネシウム Magnesium ギリシャ北部の「マグネシア」地方で産出
13 Al アルミニウム Aluminium ラテン語の「ミョウバン(alumen)」
14 Si ケイ素 Silicon ラテン語の「火打ち石、かたいもの(silicis)」
15 P リン Phosphorus ギリシャ語の「光(phos)+運ぶもの(phoros)」
16 S 硫黄 Sulfur ラテン語の「硫黄(sulpur)」
17 Cl 塩素 Chlorine ギリシャ語の「黄緑色(chloros)」
18 Ar アルゴン Argon ギリシャ語の「否定(a)+仕事(ergon)=働かないもの」
19 K カリウム Potassium アラビア語の「海藻の灰(qali)」英語の「海藻の灰(potash)」
20 Ca カルシウム Calcium ラテン語の「石灰(calx)」

水兵リーベは覚えたかな???
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

理科のページ
ページへのリンク
QR
よろしくお願いします。
プロフィール

理科教諭

Author:理科教諭
理科のページです。 続きはwebで(^o^)
写真は望遠鏡の投影版に写った、金環食の様子(水戸市にて)

訪問ありがとうございます
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
173位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
学校
40位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。